IT

DCF法で株価算定

IT

株価算定の1方法にDCF法があります。これは、企業の(フリー)キャッシュフローを予測して、バランスシートから加重平均資本コストを算出して、(フリー)キャッシュフローを現在価値に引き直すというものです。

Read More...

ハイ&ローを予測

IT

最近トレンドのワードとして、DCFで株価算定、FX、バイナリーオプションなどがあります。これらのワードは投資に係るワードであり、日本でも普及してきているものです。近年注目を集めているバイナリーオプションは初心者でも始めることができるということで人気を博しています。バイナリーオプションを始めた時に必ず出てくる「外国通貨取引」という言葉で抵抗を感じる方もいますが、少しの理解で簡単に出来るということで投資の中でも需要が出てきています。どのようなシステムなのかというのをかなり簡略化して説明しますと、トランプゲームにあるハイ&ローのような内容となっています。トランプのハイ&ローのルールとして、最初に場に出ている一枚よりも次のカードは大きいか小さいかだけを予測するという単純なルールのゲームです。バイナリーオプションはトランプが相場に置き換わります。現在の相場よりも数分後の金額が高くなるか安くなるかを想定することが必要になります。

バイナリーオプションをトランプのハイ&ローに例えて説明しましたが、実際の場合の相場が何を意味するのかということになります。実際の相場というのは、現実に存在しているマネーの価値となります。自国のお金は当然、自国内では同じ価値しかないので値段が変わることがありません。ですが、世界情勢が絡んでくると話は変わります。他国からすると自国のお金の価値はかなり変動しています。平均為替相場ともいい、ニュースなどでも報道されるほど注目が集まっているものです。お金が変動する理由は様々なファクターが絡んでくるので、全てを把握することはほぼ不可能です。ですので、ある程度の予測をたてて投資をすることになります。次に来る流れが円安となるのか円高となるのか、世界情勢やこれまでの傾向を知ることで予測しやすくなります。目先のニュースだけでなくグローバルな視野を持つことが鍵となります。

正確な株価算定で安定

IT

株価算定は、上場企業の増加とともに注目度が高まってきました。近年では、社内の人物以外の第三者機関に株価算定を依頼するケースが増えています。現在の状況を鑑みて、今後の株価算定はさらなる精密性が求められると予測します。

Read More...

世界を相手に取引

IT

バイナリーオプションは世界各国の金融商品を相手に取引します。日本の利用者としては、現在はサラリーマンなどが多いですが、今後は様々な人が利用すると予測されています。

Read More...