IT

DCF法で株価算定

DCF法とは何でしょう

IT

未公開株などの株価算定を行う方法は何種類かありますが、その中にDCF法があります。実際の株価算定では、DCF以外の株価算定法も参考にして総合的に株式の価値を定めます。しかし、このDCF法は、上場株式の理論的な価値を定めるのにも役立ちますので、ここでは、簡単にDCF法とはどんなものなのか概観します。 元々、DCF法は、債券や不動産の価値を将来得られるであろうキャッシュフローを元にその価値を定める方法です。それを株式に応用する場合には、その会社が将来どの位のキャッシュフローがあるのかを予測するところからはじめます。 (フリー)キャッシュフローとは、営業利益(税引き後)と減価償却費の和から設備投資額と運転資本の増加分を引いたものです。

次にすることは何か

DCFによる株価算定で次にすることは、加重平均資本コストを算出します。これは、バランスシートの負債の部の内、有利子負債と株主資本に着目して算出します。計算式は複雑になりますので、ここでは記しませんが、加重平均資本コストは、先の将来のキャッシュフローを現在の価値に割り引くためのものです。そして、その割り引いた価値がDCF法によるその企業の現在価値であり、株式の価値でもあります。 なお、現在価値に割り引く時に使う計算は、有名な複利計算の時に出てくる等比数列の理論(高校の数学レベル)を使った単純なものですから、加重平均資本コストの計算と共に表計算ソフトを使うと比較的簡単に求められます。 後は、バランスシートと損益計算書を読めれば、DCF法の計算は誰にでもできます。